うつ病の原因は様々なことがある|専門医に相談しよう

ウーマン

脳の働きに異常が起こる

女医

うつ病は、気持ちが落ち込んでしまう状況が続き、精神が不安定になってしまう病気です。うつ病を発症してしまう原因は、ストレスが大きく関わっています。中でも特に職場での人間関係やプレッシャーなどからストレスを感じる人が多いです。

詳細

病気から発症するケース

カウンセリング

うつ病と呼ばれる症状は、現在非常に多く広まっています。人は現実に悲しいことや辛い経験をしたときにネガティブな感情を持ちます。しかしうつ病になると、特に何も悲しいことがないのに泣きたい気持ちになったり、心が塞ぎがちになったりしてしまうのです。このように常にネガティブな感情を持ってしまうのは、脳の働きが弱まっていることが原因と言われています。何らかのことがきっかけで脳の機能が低下してしまい、うつ病を引き起こします。その原因は様々なことが挙げられますが、大きく関係しているのがストレスです。私達は日常生活の中で少なからずストレスを溜めてしまっています。ストレスをうまく発散することができれば問題ないのですが、中には内に抱え込んでしまう人もいます。そのような人は、うつ病になりやすい体質といえますので注意する必要があります。

また、このほかにもうつ病になってしまう原因は数多くあります。それは遺伝によるものです。親や親戚など身近にうつ病を発症している人がいる場合は、それが子供に受け継がれる可能性もあるのです。必ずしも発症してしまうわけではありませんが、普通の人に比べて1.5倍から3倍ほどの確率で発症してしまうと言われています。遺伝によってうつ病を発症するケースはそれほど多くありませんので心配しすぎるのもあまり良くないですが、中にはそういったことが原因で症状が出ている事例もあります。身内にうつ病の人がいる場合は、普通の人よりも発症する確率が上がるということを覚えておくといいでしょう。そのほか、病気や薬を服用していることからうつ病を発症するケースもあります。主な病気として挙げられるのは、がんや心筋梗塞、脳血管障害、慢性疼痛などといったものです。特にがんや心筋梗塞といった病気は、日本人がかかる病気トップ3にも入っている疾患です。症状が進行してくると死に至る可能性もある重大な病気だということが特徴です。そのため、病状がどんどん悪化していくと思いつめてしまう人が多く、その結果うつ病を発症してしまうということは珍しくありません。自分はこれから生きられるかのという不安や、病気による身体の負担から常に大きなストレスがつきまとってくるようになります。こういった病気によって身体だけでなく精神にも負担をかけてしまっているのです。万が一うつ病になってしまったときは、病院で心のケアを受けることが大事です。専門医に相談してみることで気持ちを軽くすることができ、心身共に元気を取り戻すことができるようになるかもしれません。最近では、各地にうつ病のケアを行なっている病院がたくさんあります。ぜひ受診してみることをおすすめします。

ホルモンバランスの乱れ

笑顔のレディー

うつ病になってしまう原因は、様々なことが挙げられます。精神的に受けるストレスのみならず、身体的なことから受けるストレスも原因となるのです。身体がひどく疲れていたり、頭痛がひどいなどの症状は知らぬ間にストレスを生んでいます。

詳細

環境の変化から感じる負担

男性

うつ病の原因となるストレスは日常生活の様々なものから感じます。中でも環境の変化は大きなストレスとなります。新しい職場、土地、学校など環境の変化を経験することは人生の中で何回もあります。気づかぬうちにストレスになっています。

詳細

大切な存在を失うこと

看護師

うつ病は、あらゆるストレスが原因で発症する病気です。特に、喪失体験というものからくるストレスはうつ病に発展しやすいと言われています。喪失体験とは、自分が大切にしていた人やものを失ってしまうことで味わう喪失感のことです。

詳細